中小企業等が抱える知的財産権に関する悩みや課題をワンストップで解決します!

知的財産権とは

知的財産権とは?

知的財産権とは、知的創造活動によって生み出されたものを、創作者の財産として一定期間保護される権利です。
このうち、特許権、実用新案権、意匠権および商標権を産業財産権といいます。

知的財産権の種類

 知的創造物についての権利 (創作意欲を促進)

  • 特許権(特許法)
      ∟「発明」を保護
      ∟出願から20年
  • 実用新案権(実用新案法)
      ∟物品の形状等の考案を保護
      ∟出願から10年
  • 意匠権(意匠法)
      ∟物品のデザインを保護
      ∟登録から20年
  • 著作権(著作権法)
      ∟文芸、学術、美術、音楽、プログラムなどの精神的作品を保護
      ∟創作時から創作者の死後(法人は公表後)50年 (映画などは70年)
  • 回路配置利用権(半導体集積回路の回路配置に関する法律)
      ∟半導体集積回路の回路配置の利用を保護
      ∟登録から10年
  • 品種登録(種苗法)
      ∟植物の新品種を保護
      ∟登録から25年 (樹木30年)
  • 営業秘密(不競争防止法)
      ∟ノウハウや顧客リストの盗用など不正行為を禁止

 

営業標識についての権利 (信用の維持)

  • 商標権(商標法)
      ∟「商標」を保護
      ∟登録から10年(更新あり)
  • 商号(商法)
      ∟登記された「商号」を保護
  • 著名な商品表示、商品形態(不正競争防止法)
      ∟著名な商品表示等の禁止
      ∟原産地の誤認表示等の禁止
      ∟ドメイン名の不正取得等の禁止

▲ このページの上部へ